Vtuberや実況者のコラボについて考える。

先日、私がプロデュースしているVtuber:衣笠このはちゃん宛にこんな内容のDMが来たのですが…

よくもまあこんなものを初対面の相手に送ろうと思ったな。

このはちゃんから参加の是非について相談を持ち掛けられましたが勿論断らせました。そもそも、GTSportで配信をやっているプレイヤーなんてごまんといるのに何故このはちゃんじゃないといけないのか。数埋めが目当てならなら他の配信者を当たれ。おまけに企画?の内容に関する説明が殆どない。たったこれだけの文章で参加の是非を決めろというのも困ったものです。単刀直入に言えば、礼節を弁えていないし、私利私欲を満たすためだけにこのはちゃんを利用しようという魂胆が丸見えです。

コラボ企画は相手への配慮が第一

こんなことをわざわざ書かなきゃいけないのか…と思ってしまいますが、他の実況者・配信者・Vtuberを巻き込んだ企画というのは、相手に時間を割いてもらって行うものです。特に大手の実況者やVtuberともなれば過密スケジュールの中で動いてる方は大勢いますし、そうした方々が本来自身の活動に充てる時間をわざわざ企画の為に割いていただくわけです。わざわざ自分の時間を割いてまで人様の為に損をしに行こうとする人間はまずいません。企画に誘うのであれば、誘われる側にとっても有益な内容であり、かつ相手に過度な負担を掛けない内容にすること、できることなら、なぜその人でなければいけないのかということをきちんと相手に伝えるべきです。ある程度面識のある相手ならそこまでする必要はないと思いますが、少なくとも初対面の相手には過剰とも取れるくらい丁重な対応を心掛けた方が良いと思います。ここまで書いておいて口だけかと言われるのも癪なので、私やこのはちゃんがindiVtubersGT SERIESの勧誘で送ったDMを一例として掲載します。ご参考までに。

ちなみにこれはこのはちゃんが送ったもので、とある神様系Vtuberの方にお送りしたDMです。何かあれば主催(私)につなぐようアナウンスしています。

 

このはちゃんとのコラボに関して

で、このはちゃん場合はどうかというと…。Twitterでは、案件に関しては彼女に直接DMするように案内していますが、このはちゃんだけで判断しかねた場合は私まで一度連絡するよう彼女から連絡が来ると思います。万が一そうなった場合は九分九厘アウトなんだなと思ってください。(勿論当方の都合でこの限りでない場合もありますが)

このはちゃんも私も、本業と掛け持ちしつつバーチャルレーサーとして、またVtuberとしても活動しているので正直なところスケジュールの調整がシビアです。ただ、仲の良い方や礼節を弁えてる方からの案件であればある程度スケジュールに融通を効かせてなるべく良いお返事ができるよう努めますが、そうでなければ監督権限で却下します。悪しからず。

Leave a Reply

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください