衣笠このはの存在意義

Twitterでふと次のようなツイートを見て、ああ、なるほどなぁと思ったわけですが…。

https://twitter.com/nagisano_kanade/status/1157574713754836993

多くの方が指摘しているように、金銭や数字が絡んでくるが故に少しでも利益を出そうとして誰もが似たようなコンテンツを供給し始めていて、正直私も界隈全体がマンネリ化してるなぁと実感しています。それは所謂私の「推し」のVtuberであってもで、(当人には申し訳ないが…)すぐに飽きて配信を閉じたりということが多々。かと言って隙間産業的なコンテンツを作っても誰も見ない。では、結局私たちは何をすればええんやという話になってしまうわけで…。

自己満足だけど数を意識するという、ある意味での矛盾

Vtuberといっても企業が擁する場合から個人が運用しているものまで多種多様ではありますが、少なくとも個人が動かしているVtuberは趣味の延長で行っている場合が殆どです。活動で生計を立てているわけではなく、あくまでも自己実現、或いは他者との交流の手立てとして…他にもVtuberとして活動する理由は多々あると思いますが、結局は「自己満足」に落ち着きます。極端な話、生活がかかっていないのであれば無理に数にこだわる必要はないのですが…これも人間の性なのか、少なからず数は気になってしまうものなんですよね。真新しさを追求してみたけど誰も注目しない、だったら流行に乗るしかなくなる。結局、活動してる本人がそれで満足しているならそれでいいのかもしれませんが、いざ視聴者の立場に回ってみると、どの動画や配信を見ても皆真新しさが無いというのは面白みに欠けます。

Vtuberはこうあるべきだ論争

Twitterでは度々この手の話題で盛り上がることがありますが、今までは不毛だと思って目を背けてきました。Vtuberは(公序良俗に反しないのであれば)自由にやればいいと思ってましたから。ただ、昨今はそうも言ってられないなとも思っています。「こうあるべきだ」は流石に言いすぎな感がありますが、やっぱ皆安定択に走りすぎじゃないか?とは思います。あまり冒険しないというか、リスクに怯えすぎじゃないかとか。斬新なコンテンツってそう簡単に作れるものじゃないんですよね。トライ&エラーの連続で、それらが積み重なって初めてコンテンツとして成立するものだと思ってるので。企業に飼われてる身だと様々な制約があるが故、こうしたトライは難しいかもしれませんが、そうしたしがらみがない個人勢にはそれができます。寧ろそれこそが、個人勢の特権だと言い切ってもいいと思ってます。

ここまでダラダラ書くのもアレなので大雑把に言えば、「個人勢はもっと冒険してもいいんじゃないか?」というのが私の考えです。

衣笠このはの「Vtuberとしての」存在意義

さて、ではうちで運用している「衣笠このは」はどうか。デビュー当初こそ、ダラダラとただ「存在しているだけ」のVtuberでしたが、2019年初頭からは「モータースポーツ」と「クルマ」の愉しさを布教することを主眼に置く方針に切り替えて、新しい取り組みにも多々挑戦してきました。しくじった事例もありましたが、トータルで見ればこのスタイルは正解だったと私は思っています。他のVtuberやその視聴者だけでなく、企業からの見た目というのも活動方針を変える前後で大分変化しました。(これは指摘されるまで全く実感がなかったのですが)娯楽にベクトルが向いてるケースが多いVtuber界隈で、衣笠このはというある種の社会派Vtuberの存在は希有な存在だったようです。お世辞にもバズってるとは言い難い彼女ですが、少しずつその存在は認知され始めています。これも、新しいことにチャレンジし続けた結果です。安定路線を歩むのでなく、敢えて道なき道を突き進むことこそが「衣笠このは」の生き方なんだろうな。

衣笠このはのVtuberとしての存在意義とは、社会派Vtuberとして、「クルマ」や「モータースポーツ」という観点から常に新しい領域を開拓していくこと、そしてVtuber界隈に風穴を開けていくことにあるんだと思います。

衣笠このはのこれからの課題

”「モータースポーツ」と「クルマ」の愉しさを布教する”という方針でこの半年近く活動してきた彼女ですが、「モータースポーツの魅力を布教する」という点では成功していると言えますが、「クルマの愉しさ」を発信できているかと言われるとできてないと答えざるを得ません。(元々準備していた企画が諸事情で事実上凍結状態になったという、此方のミスもあるのですが…)なので、次は「クルマのある生活」という点に重きを置くべきなのかなとも考えています。あとは、Vtuber活動に気をとられすぎて他の活動がおろそかになってきているので、そのあたりとのバランスですかね。うまく両立できるようペース配分を考え直さないといけません。

Vtuber活動は日々試行錯誤の連続ですが、これからもフロンティアスピリッツで進み続けていきます。

Leave a Reply

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください