クリエイターのボヤき~勢いだけでどうにかなるほど甘くない~

FANBOXでは以前「見切り発車は確実にしくじる」というタイトルで投稿させていただいた内容と若干被るになります。(→こちら

昨今9000人はいるといわれるVtuber。(現在も稼働している人はもうちょっと少ないと思いますが)視聴者もこれだけの数のVtuberをじっくり追うのははっきり言って不可能であり、必然的に斜め見せざるを得ないのが今現在のこの界隈です。私がデビューしたころ(2018年上半期)は勢いだけでもある程度人は見てくれましたが、今現在は界隈全体がかなり成熟してきており、視聴者の見る目もかなり厳しくなってきています。そんな中で一人でも多くの視聴者の目に留まるようにするにはそれ相応の準備が必要になるわけで、(できればデビュー前の段階からやるのが望ましい)勢いだけで始めても視聴者にもVtuberにも見向きもされないのは当然といえば当然です。クリエイター界隈、特にVtuberの場合は如何に自分を売り込めるかが重要なので準備がおろそかだと後々までそれが尾を引くことになります。

始めたばかりで何をしたらいいのか分からない、という側面もあると思いますが、今はVtuberとして活動されている方、或いは界隈全体を見通しているライターなど様々な方が活動の進め方に関するノウハウを公開しているのでそれらを参照する、或いははじめは既に活動されている方のやり方を模倣して要領を掴むのが無難かと思います。あとは実際にそうした方から助言を貰えるのであれば積極的にその方を頼ってみるのも得策ですね。

余計なプライドは捨てた方が賢明

こんな新人がいました。「自分は孤独なんじゃない、孤高なんだ」とSNS上で投稿していたのですが、お世辞にもキャラデザ、動画といったコンテンツのクオリティが高いとは言えず、かといってその質を上げようと研究してる痕跡が見られない。その方もまだまだ若いらしいので若さ故なのか、単純にガサツなのか分かりませんが何でもかんでも一人でやることに拘っているように見受けられました。山月記の李徴をそのまま具現化したようなイメージといえば分かりやすいでしょうか。私がポケモン実況の最終回を投稿した日にニコ生やブログ(→こちら)で「コミュ障に人権はない」と言いましたが、その彼(彼女?)はまさに昔の私そのものです。一から十まで自力でコンテンツを作って大成するクリエイターはまず存在しません。(そのように見えてもそれはある一部の面からしか見てないからそう見えるだけで、裏方では大勢の人間がかかわっているわけで…)

多分に主観交じりの考えになることをご承知の上で読んでいただきたいのですが、「全て自分一人で完結させられるクリエイター」よりも「他者の力を借りてでもその人や素材の魅力を十二分に引き出せるクリエイター」こそが本当に評価されるクリエイターなんだと私は考えています。

ハリボテだらけの臆病な自尊心は捨てた方が身のためです。

とは書き連ねたものの…

でも結局こういうのって、無知ゆえか若さゆえか、理解できずに冒進して事故っちゃうんですよね結局…。かつての私もそうだったので私に責める資格がないといえばそれまでなのですが。

何であれ、事前準備は大事だということと、人を頼ることは悪いことじゃないということだけは(私の過去の黒歴史の数々から)皆様にお伝えしたいところです。

Leave a Reply

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください