“バーチャル”なのに”実写化”する意義

初配信の時にうまくまとまらなかったので此方で改めて、何故「バーチャルYouTuber(以下Vtuberと呼称)」なのに「実写化」という選択肢を取ったのか、その動機について書いていこうと思います。

一部で「Vtuberを名乗ってるのにリアルばかりで配信するならもうVtuberでない」等とおっしゃる方がいらっしゃいますがこれは全く心外です。
先ず結論から申し上げると、私は「Vtuber」でもあるし「リアルライバー」でもある存在であり、臨機応変にその形態を変えて活動するのが赤井このはSeaoson.2以降のスタイルです。(その為SNS上のプロフィールからも「Vtuber」という文言は極力削除しています)

ではなぜ今回このような形態を採ろうかと思ったのかと言うと、主な理由は2つあります。

一つは、「バーチャルで実現できることには限界がある」ということ。
特にLive2Dで活動している身としては、この形態で出来ることといえばゲーム実況かラジオ配信かくらいで、私のようにリアルでの活動に比重を置いていると、なんとかうまく合わせようとしても取ってつけたような印象の映像しか撮れないなと思っていました。加えて、正直なところ、大手プロダクションが主催するライブやリアルイベント等を見ても凡そスクリーンかモニターにキャラクターを映すという形が殆どであり、個人的にあまり臨場感というのは感じませんでした。今の技術ではこれが精一杯とはいえ、「それならネット配信で良かったんじゃ…」とすら思ってます。
私も一時期は「バーチャル」というコンテンツに対し可能性を感じていました…いや、今もある程度は感じていますが、それこそ私がVtuberを始めた頃はどこか過信していました。
如何にバーチャルといえどもできることには技術的な限界がある。技術の進歩でこの先もっとできることは増えてくるかもしれませんが、現状はまだまだ発展途上であるが故、制約が強いのかなと思います。
現状のバーチャルの弱点を補う為に「バーチャルでの姿を現実の世界に落とし込む術」が必要だと感じ、今回「実写化」によってアプローチを増やそうと考えた次第です。

もう一つは、「なりたい自分の姿でいたい」ということ。
実を言うと、これこそが”実写版のすがた”を作ろうと思った最大の動機です。
そもそもの話、私は心のどこかで自分の本来の性とは違う性として生きることに対する憧れのような感情がありました。過去に一度、女装という形でそれをやってみようとしたこともあったのですが、自分一人の力ではどうにもならず…かと言って、その話ができる人間が周りにいるかと言われるとそういうわけでは無かったので結局諦めていました。
そんな中でVtuberというコンテンツを知り、(当初こそニコニコでの実況動画が下火になっていたことから生き残りをかけて界隈に飛び込んだという不純な動機でしたが)「衣笠このは(=赤井このはの前身)」というバーチャルでの狐耳の女の子として活動していく中で、一時諦めていた、性に対する想いが再燃するようになりました。私自身、元々絵が描けるので自分の理想としてる姿を描き起こすこと自体は容易で、過去に女装していた頃に比べてはるかに難易度は低く、過去に私にとってはそれはとても魅力的なコンテンツでした。強いて言えば「声」だけはどうにもならなかったので、ボイチェンを使ってみたり音声認識に頼ってみたり試行錯誤して今日に至っています。
しかし、ここ数ヶ月くらいの話になりますが、「パソコン(=バーチャル)からちょっと目を離してみれば結局元の自分じゃないか」と思うようになりました。昔と違って今は男性としての自分も許容できるようにはなりましたが、「やっぱりなんかこれじゃないな」と。そんな中で知ったのが昔から仲良くさせてもらっていたVtuberの方が提唱していた「2.5次元Vtuber」という概念でした。
「Vtuberとしての名前や姿はバーチャルの中だけの存在でなければならない」という固定観念に支配されていた私にとっては目から鱗であり、実際にその方がリアルで活動されている様子は私の目には新鮮に映りました。なりたい姿を実現する手段がバーチャルの中にしかないということはなく、時には次元すら超えるという選択肢もまた正解なのだと思うようになりました。かくして多くの方からの助言を受け、先の配信でお披露目した”実写版のすがた”が出来上がりました。初挑戦だったこともあり失敗した箇所もありましたが、クオリティには満足しています。その時鏡に映っていたのは、自分がなりたいと願っていた姿なのですから。

今までは、「なりたい自分になる」ことを目的にするならば「Vtuber」がそのゴールだと思ってました。しかし今は寧ろ「Vtuber」というコンテンツは通過点でしかなく、その先に「実写化」という形のゴールがあるのだと思っています。Vtuberのメリットは「肉体を含めて簡単に姿を作り変えることができる」ことです。勿論ある程度の技術と作業時間は要しますが、リアルで同じことを実行する場合の比では無いでしょう。そういう点で、Vtuberは「なりたい姿を実現するための予行練習、或いは実験の段階」ではないかと考えてます。バーチャルの世界で試行錯誤を重ね、なりたい自分の姿がはっきりしてきたところでリアルの世界にその姿を作り出す。これが新しい自己実現の形なのだと思っています。

今の私は、リアルの世界でも「狐耳の女の子」でありたいという、実現したい自分の姿がはっきりしています。Vtuberとして活動する中で吸収したノウハウをフル活用してリアルの世界に”実写版のすがた”として本当に狐耳の女の子を作り出したモデルケースの一つとして、今後「赤井このはSeason.2」の活動の中で、自己実現のあり方に悩む人の道標になればと思っています。

…とはいえ、実際にやってみると下準備が大変です。(メイクだけで10~40分くらいかかります)突発的に配信しようと思っても、”実写版のすがた”オンリーでは到底回しきれません。
その時の思い付きで配信しよう!と思い立って、ソフト1つで簡単に変身できる点では依然としてバーチャルというコンテンツの強みなので、今後はリアルとバーチャルを臨機応変に使い分けていこうと決めた所存です。

コスプレスタジオに行ってきました。

「赤井このは」として活動する中での一つのテーマである「Vtuberの実写化」。
2か月の歳月をかけてついにその準備が整い、本日ハコスタジアム大阪で撮影してもらってきました。

コスプレ自体が初めてだったのでそうしたツテが無い自分はどうやって写真を撮ってもらうか悩んでいたのですが、今回はカメラマン撮影サービスを頼んで撮ってもらうことに。コスプレ界隈の人脈が乏しい私には嬉しいサービスでした。

スタジオに着いたら早速着替えてメイクを整えるわけですが、いざやってみたら「あれ、私こんなに可愛かったっけ?」状態。自画自賛といわれてもしょうがないのですが、今まで自宅でメイクしていた時とは明らかに見た印象が違う。(珍しく)可愛くバッチリ決まったんだから行ける!という謎の自信が湧いたところで、いよいよ撮影に臨みます。

簡単にどんなイメージで撮りたいかだけカメラマンに伝えてあとはお任せ、という感じで。(正直、初めてだったのでメチャクチャ緊張してパッと思いつかなかったというのもあります)本当にたったそれだけだったのですがものすごく可愛く撮ってもらえました。

今回の反省点といえば、もうちょっと時間に余裕があるスケジュールを組むべきだったのと、手荷物を減らす工夫をするべきだったところでしょうか。

というのも、メイク自体はもう幾度となくやってきてるのでそんなに手こずらなかったのですが、ネイルが大問題で…。塗布してから硬化するまでに結構な時間を要するので、スタジオで手を付けようとしたら間に合わず断念…という始末。マニキュアに関しててんで経験不足であるが故なのですが、すごく可愛く撮ってもらえただけにこれは悔しかった。(後でマニキュアの硬化時間を短縮する方法調べました)
2点目、実は今回のコスプレ用品なのですが、大きめの紙袋3袋分(うち1.5袋は尻尾×6)+ライフルバッグとやたらと手荷物が多い。せめて衣装と尻尾だけでもスーツケース1個に圧縮できればもうちょっと持ち運びに苦労しなかったのかもしれません。

初めてのことで色々と不慣れなことだらけでカメラマンの方にはご迷惑をおかけした点も多かったですが、次回以降はこれを糧にしていこうと思います。

今回撮影した写真は配信でのお披露目の後に改めて公開する予定なのでお楽しみに。

フリーランスに戻ります。

 

去る2021年8月9日、約2か月弱所属していたVtuberグループが解散いたしました。解散の理由については諸事情で公の場ではお話しできません。ご了承ください。

応援してくださった皆様へ

まずはじめに、突然グループが解散となってしまったこと、またそれについて一切説明がなかったばかりに皆様を不安にさせてしまったこと、最後の最後に皆様の気持ちを裏切る形でグループとしての活動を終えることになってしまったことをお詫び申し上げます。

今後個人Vtuberとして今後も活動する者、他のグループや事務所に移籍する者、Vtuberとしての活動に終止符を打つ者、グループ解散後のメンバーの動向は人それぞれです。どうかメンバー達が今後も別の舞台で輝けるよう引き続き応援していただけると幸いです。

最後に、短い期間ではありましたがクラウドファンディングでの支援、SNSでの拡散、ライブ配信でのコメントやスパチャなど様々な形でグループを応援していただき本当にありがとうございました。

 

本日より赤井このは(鈴木玲於奈)は再びフリーランスの配信者に戻ります。また、これに伴ってSHOWROOM及び17Liveでの認証が解除されるため、今後YouTube以外での配信プラットフォームをTwitchに移転させていただきます。また、グループ所属期間中の赤井このは名義での2021年8月10日までの配信アーカイブは一旦すべて非公開にさせていただき、後日改めて初回配信の再配信と自己紹介動画の再投稿を行う予定です。

以上今回の件で今後の活動への変更点がありますが今後とも赤井このは(鈴木玲於奈)への応援をよろしくお願いします。

納車から5年経ちました。

正確には先月の15日の事だったのですが、色々と裏方の作業に追われててそれどころじゃなかったので今日投稿と相成りました。

納車直後↓

現在の姿↓

納車当時のツイート↓

自分の中ではまだそんなに弄ってない感覚だったのですがこうしてみると結構外観上の変化が大きいですね。ボンネット変えたのが大きいかな?

10年ローンで組んでるのでようやくここで折り返し地点といったところ。通勤で乗るのがメインなので年数の割に走行距離が伸びてませんし、なにせここ数年は例の疫病のこともあってロングドライブも難しいご時世。落ち着いたらまたあちこち行きたいな。

夏の風物詩を仮想空間で

久々にあつまれどうぶつの森を起動してみたら今日が花火大会の日だったらしく、ちょっと遊んでみました。

BGMも相まって大分雰囲気は味わえました。そういえば花火大会ってもう何年も見に行ってない気がします。新型コロナが未だに猛威を振るうこのご時世だからこそこうやってバーチャルの中で楽しむのもアリなのかもしれませんね。

願わくは、リアルでも花火が見れる日が来ますように。

愛車のアップデート

我が愛車に新しいパーツをいくつか入れてみました。

まずはワイパーから

雨に降られた中での撮影になりましたが、純正よりちょっと大きめなので気持ち広範囲を拭き取れるのはありがたいですね。何気にワイパーアームはとあるルートで入手したファイナルエディション仕様になっていたり。

ワイパーブレードはコルトスピード製です。

続いて此方のLEDサイドマーカーランプ。純正品は割と安っぽい感じなので今回はシグマスピードさんでスモークレンズ仕様のものを購入してすぐに取り付けました。取り付け自体はボディから外してカプラーを付け替えるだけなので割と簡単。

相変わらずの貧乏レーシングですが少しずつアップデートは進んでます。次は筋金君あたりが入る予定ですが、その先はどうしようか現在思案中です。

お仕事のご依頼に関してのお知らせ

遅ればせながら先日、SKILL QUESTさんからオファーをいただきまして、此度同サービスに登録させていただく運びとなりました。主にイラストやLive2Dの制作依頼を受けております。料金は下記の通り。

  • イラスト:4,000円~
  • Live2D:20,000円~
    ※共に最低料金。依頼内容によって見積額が変動します。

他にSkebにも登録していますが、こちらは料金が自動で決定される仕組みの為、受注状況次第では料金が変更される場合があります。

一応、メールによる依頼も従来通り受け付けていますので、料金体系や連絡先はこちらをご参照いただければと思います。

1 2 3 4 7